2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

« 《大澤有信の談話室Ⅱ》「『蒙古襲来と神風』(服部英雄著)を読んで」 | トップページ | ≪栗岡健治の談話室Ⅷ≫「湖西のみち」をたどり『街道をゆく』を考えてみた »

2018年4月16日 (月曜日)

《栗岡健治の談話室Ⅶ》「池波正太郎のフランス旅行について」

〔はじめに〕
「徳川幕府と帝政フランスの蜜月あるいは特殊関係」を卓話し、『栗岡健治の談話室』で「日本史におけるワイン」、「シャンソンについて」を書いたので、私は、自他ともに認めるフランス贔屓(francophile)ということになった。180217
ところで、池波正太郎がフランス贔屓であったことをご存じだろうか?
このBlogに書くには、歴史や司馬遼太郎との関係に触れなければならない。
wineについては苦しいながら【日本史におけるwine】とした。
シャンソンでも村田新八と『さくらんぼの実る頃』を材料に使った。でも今回条件はクリアできそうだ。

〔司馬遼太郎と池波正太郎〕

まず司馬遼太郎と池波正太郎は、同じ生年で、同じ期の直木賞受賞。親交があった。池波正太郎が、司馬のマンモス・アパートを訪ね、得意のどんどん焼きを作ったエピソードがあった。そして、この話題つまり池波のフランス旅行は既に歴史である。これにて“言い訳”を終える。
私は、池波正太郎の代表作である『鬼平犯科帳』、『剣客商売』、『仕掛人・藤枝梅安』などを読んだことがない。だからこの面からの正統的池波ファンではない。
それ故この拙文を書いていること我ながら意外である。以下に事情を明かす。

〔池波正太郎のフランス旅行
Photo_3

1984年、私はフランスに住んでいた。あるとき日本からcourier serviceで届く「週刊朝日」の連載記事で、折しも池波正太郎がフランス国内を旅行していたことを知った。これは感動的だった。
フランスにいるので自分でも、行こうと思えば行ける旅ではないか!それは、後記の昭和59年秋の旅『フランスの秋・その落日』だった。
この中のカルカソンヌは、すぐあとのクリスマス休暇に家族で訪ねた。城壁で囲まれたこの都市のガイド氏に、Bonne vacances!と言われ、変に新鮮に思われ、ああフランスではどんな季節でも休暇はバカンスなんだと納得したことを思い起こす。
ただし後に知ったが、7次にも及んだ池波正太郎のフランスの旅に、私のそれはとてもとても及ばないのだ。今は私の夢になっている。67歳で逝った彼がここまで広範囲な旅をして足跡を刻した。なのに、今、私は65歳。こんな旅がしたいものだ。 

〔池波正太郎のフランス旅エッセイ〕

池波正太郎とフランス、彼のフランス旅行のありようを知った。フランス旅行を描いた彼のエッセイは無類の面白さがある。

・『フランス映画旅行』
・『あるシネマディクトの旅』
・『ル・パスタン』
・『ルノワールの家』などなど

「初めてのパリだったが、彼には街のたたずまいがたちどころに理解できた。なぜなら、50年間フランス映画を見つづけてきて、何度も見た風景に再会したのだから」―そんな思いをいだいたらしい。Photo

時代小説作家とフランスがしっくり結びつくことに驚いた。
このこと随分人に語ったものだ。そうしてついにこんなところに書いている。
前記のエッセイから一冊だけお勧めするとすれば、『あるシネマディクトの旅』である。3回のフランス旅のエッセンスである。シネマディクトとは映画狂

〔池波正太郎の足跡〕
池波正太郎の足跡は、フランスのほとんど見るべき都市、地域全部に及んでいる。核心の4回の旅だけでも
昭和54年秋 パリ、バルビゾン、レ・ゼジー、アヴィニョン、アルル、ニース、マルセイユ、(スペイン)バルセロナ、マドリード、トレド、グラナダ
昭和55年秋 パリ、(ロワール川古城)オルレアン、メナール、ブロワ、オンゼン、モンバゾン、アゼー・ル・リドー、シノン、アンジェ、ナント、ラ・ボール、カンペール、ポン・ラベ、トレブルダン、サン・マロ、モンパンション、ル・マン、ルーエ、シャルトル、マルメゾン
昭和57年初夏 パリ、(ベルギー)ブリュッセル、ブルージュ、(フランス)ワーテルロー、ナミュール、ディナン、ランス、ナンシー、ドンレミイ、ジョワニー、オルレアン、オンゼン
昭和59年秋 ストラスブール、(ドイツ)エトリンゲン、(フランス)ナンティイ、ディジョン、リヨン、アヴィニョン、マントン、カーニュ、マルセイユ、アルル、エグ・モルト、カルカソンヌ、ボルドー他

なお、この4回旅行の前後に、
① 1977年(昭和52年)初夏、初めてフランスを中心とするヨーロッパに旅行。
⑥1988年5月にフランス旅行
⑦1988年9月にドイツ・フランス・イタリアへ旅行、これが最後の海外旅行となった。通算7回渡欧。
売れっ子作家で超多忙であったので、長期のフランス旅行のためには周到な調整と準備を必要としたであろう。

〔池波正太郎のフランス旅の特徴〕

身近の仲間というか弟子・書生を運転手(綽名はロシア)と通訳兼庶務担当(綽名はモウコ)に分けて、引き連れていた。
高額年収の売れっ子作家であり大名旅行で、宿泊ホテルも食事も超一流だが、時に前菜とデザートだけでもよいかと店に断りを入れさせたり、旅程についても決して無理をしなかったようだ。

〔フランス人との交流 人間性を発揮〕

そしてフランス人との交歓が素晴らしい。
① 筆頭は、パリの旧中央市場跡あたりの居酒屋B.O.Fの店主のセトル・ジャン。出会ったときは72歳の大柄な老人で、店も200年以上経つが、老店主になってからも50年経っていた。一緒に店をやる夫人はポーレット。
池波は彼らを訳あり夫婦と睨んでいた。まるで江戸の市井の人間のように描いている。
パリに行くたびに彼らに会い、彼らのことを書いた著書にサインをして贈った。すっかり馴染んだパリの友人であったが、最後の渡仏時は消息が途絶え池波を落胆させた。

② 宿の給事の若い女性とのふれあいもいい。
『食堂で働く16、7の少女の給仕の顔からして、フラゴナールやミレーの絵にでも出てきそうだ。結婚したら、さぞよい女房になって、子供を6人も7人も産みそうな・・・・。日本から持って行った布製のカレンダーをあげると、「メルシ・・・」絶え入りそうな声で礼をいい、はずかしさにくびすじまで赤く染めた。こんな少女、むかしの日本にもいたが、いまは、ほとんどお目にかからない。しかし、フランスの田舎には、たくさんいる。』
この少女は、オンゼンの宿の給仕で、池波は二度訪ねている。1年半後再び訪ね、ほんの少し大人っぽくなったが、依然初々しさの残る彼女ドミニクに再会している。

③ マルセイユのデラックス・ホテル「プチ・ニース」のレストランでの夕食。
池波の『今夜はシャンパンをやろう。ワインは、いいのをえらんだらいい』に通訳・庶務と運転手のお付き2人が張り切って年代物の〔シャトー・マルゴー〕というのをえらんだ。
やがて若い給仕がシャトー・マルゴーを運んで来た。銀製の注ぎ口のついたデキャンターへ、ワインを移し、これを持ち上げた途端に、どうしたわけか、デキャンターが床へ落ち、音を立てて割れ散った。ワインの香りが、あたりにひろがり、他の客たちが一斉にこちらを見た。
若い給仕は顔面蒼白となって立ちすくみ、主人が近寄ってきて、私たちに詫びた。
そして、あらためて給仕がワインを運んで来たわけだが、まだ蒼ざめてい、手が微かにふるえている。本当に気の毒になった池波が、布製の日本のカレンダーを出し、給仕へわたし、うなずいて見せると、給仕は何とも言えぬ眼の色になり、「メルシ、ムッシュー」を繰り返した。
食事が終わるころ、彼がまたやって来て、お付きに「私は明朝、交替でまいれませんので、どうか、そちらのムッシューへ、よき御旅行がつづきますよう祈っておりますと、お伝えください」と言ってくれたのを通訳から聞いた。
池波が立ちあがって、給仕と握手を交わす。彼は目を伏せ、何やら低い声でいったが、無論フランス語はわからないで二度三度と頷く。翌朝ホテルの人たちが親しみをはっきり表すようになった。


池波の優しさはお付きの書生にも及ぶ。彼のあだ名はモウコで通訳担当。
『この日あたりから、モウコは臆せずに、真先にフロントへとすすむようになった。モウコは(東京)大学の教養学科でフランス部門を終えた男だが、はじめは自信もなく心細げだった。
しかし、フランスへ来て数日たったいま、自分でもやる気を出したらしい。~ ~ どうやら、むかし学んだことに、生気が通ってきたらしい。この旅行にモウコを連れて来て、彼のためにもよかったとおもったのは、このときだった。』
池波はこの後も都合4度同行させる。Photo_2
ずっと後年モウコこと佐藤隆介は、『あの日、鬼平先生は何を食べたか 池波正太郎フランス旅日記』を著す。
あとがきは『亡師・池波正太郎とは合計4回のフランス旅行をさせてもらった。』で書き始めている。

〔終わりに〕

そういえば食通・池波正太郎のグルメ本は結構読んでいたが、こんな本も書架にあった。『男の作法』である。
昔から池波正太郎を粋で洒脱な格好いい人だと思っていた。ただ、和風の格好良さしか考えていなかったが・・・
67歳歿。長生きとは言えず、早くから死を考えていたという。『もう一度来れるかな』という池波の述懐に、旅の同行者は、「先生!毎回そんなことを言っておられますよ。大丈夫です。」だったというが、最後の旅から2年弱で逝ってしまった。晩年の頻繁な渡欧渡仏は死期を読んでいたからだろうか。

池波正太郎ファンを含め、このことご存知の方もいようが、彼のこんな側面を是非とも紹介したかった。

« 《大澤有信の談話室Ⅱ》「『蒙古襲来と神風』(服部英雄著)を読んで」 | トップページ | ≪栗岡健治の談話室Ⅷ≫「湖西のみち」をたどり『街道をゆく』を考えてみた »

コメント

栗岡です。

『歴史に好奇心』の【人気記事ランキング】に、また「池波正太郎のフランス旅行について」が第5位でランク入りしていました。かねて気になっていた私の誤りを訂正しておきます。

その誤りとは、「司馬遼太郎と池波正太郎は、同じ生年で、同じ期の直木賞受賞」とした点です。
正しくは、
第42回 [昭和34年下半期(1960年1月21日 受賞発表)]
司馬遼太郎 ≪受賞時:36歳≫『梟の城』

第43回 [昭和35年上半期(1960年7月19日 受賞発表)]
池波正太郎 ≪受賞時:37歳≫『錯乱』

でした。それにしても受賞時の年齢も近いですね。

湯川さんのコメントは正しかったです。『同年生まれで直木賞受賞時期も近く家族ぐるみで親交のあった』ふたり


先のコメントが最後のはずだったが、司馬遼太郎の文章『若いころの池波さん』を偶然見つけてしまった。
平成2年6月だから池波の死の翌月の「小説新潮 池波正太郎追悼特集」に寄せたもののようだ。例の話もある。すなわち、司馬宅で池波がドンドン焼きを「やってみましょう」と、機敏に手をうごかし、二十分ほどでつくりあげて、食べさせてくれたとある。
以下、フランス旅に関係するところを最小限引用する。
東京オリンピックの準備がすすめられていて、都内は高速道路網の工事やらなにやらで、掘り返かえされていた。東京は、べつな都市としてかわりつつあったのである。池波さんは、心が赤剥けにされてゆくような悲鳴をあげていた。

この人はそのころから変らざる町としての江戸を書きはじめたのである。それはちょうど、ジョルジュ・シムノンが「メグレ警視」でパリを描きつづけたようにして、この人の江戸を書き始めた。
この展開がはじまるのは、昭和42年開始の『鬼平犯科帳』からである。
~ ~ ~ ~ ~
『晩年の池波さんの町への興味が、パリに移った。当然なことで、東京も京大阪も、この町好きな人にとって違ってしまった以上、町らしい町といえば、パリへゆくしかなかったにちがいない。パリは不変を志す町だから、その通りを歩いていて、右へまがって左をみれば、かならずなじみの店がある。すると、その店の角をも一つ右へまがりさえすればドンドン焼の屋台が出ていて、うちわを持って火をおこしている甲斐甲斐しい正ちゃんにでくわさないともともかぎらないのである。』

司馬はこう締めくくったが、パリの変貌を嘆いた池波を知らなかったのだろうか?パリとて不変ではいられなかった。
池波が愛した馴染みの店B.O.Fは、いったんは安心できる若者の手に渡ったが、のちハンバーグ・ショップから、ジーンズか何かの店に変り無くなってしまった。周辺の旧中央市場周辺も再開発で大変貌を遂げた。

栗岡です。更に知ったことなどを付け足します。これが最後のコメントです。

私が、日本から届く『週間朝日』で、池波正太郎がフランス国内を旅行していることを知って感激したのは1984年(昭和59年)秋の旅だが、これが最後ではなかった。本当の最後の旅になったのは、1988年(昭和63年)の9月のドイツ・フランス・イタリア行きであった。なぜ間の4年間はフランスに行かなかったのだろうか?判明すれば、≪なあんだ≫である。

最後の旅の同行者、菊池夏樹氏が、池波に同行を口説かれた場面から分かった。
『ねぇ、菊池くん、今度一緒にフランスにでも旅をしてみないか?君とも15、6年の付き合いになるだろうし、僕もパリが好きで何度も行っているけど、そろそろ行けなくもなるころだ。最後に妻とも一緒に行きたいとも思っているんだよ、一緒に行かないか?』私はひとつ返事で「ご一緒に」と答えました。
『だけど、きみも知っているように僕の気学の占いだと3年後じゃなきゃ行けないんだよ、それでもいいかい?』

1988年(昭和63年)5月のフランス旅行、同年9月のドイツ・フランス・イタリア旅行は、残したエッセイの形式がそれまでと異なり両旅は截然と区別がつかない。
5月は、セトル・ジャンに会いに行く目的だが、『わずかな手がかりをもって、パリへ行くのだが、おそらく再会はかなうまい。』そして、9月の旅のイタリアは、ベニスのことである。以前に、パリ在住の知人と行くつもりであったがイタリアの鉄道ストか何かで不首尾に終わったことがあった。池上がベニスに魅かれたのは、画家の三岸節子の画集を見てかららしい。

それから、セトル・ジャンの居酒屋B.O.Fは、Bonne Oubliee Franceの頭文字 で〔忘れられたる佳きフランス〕ということであった。


栗岡です。池波のフランス嗜好に関心を寄せていただきありがとうございます。

少しばかり補足させていただきたい。もっとも本文並みの長さになってしまうことを恐れている。

フランスを旅する以前には、言葉もわからぬ外国旅行など「めっそうもない」というわけで、池波正太郎は機会があっても、われから避けていたという。
初回のフランス旅となったのが、1977年平凡社の依頼でジャン・ギャバンをテーマに原稿を書くためパリ、ニース、リヨンなどを見てまわった。仕事だから・・・と割り切ったらしいが、それでも池波に≪フランス旅心≫を植え付けたのは、バルビゾンのホテル〔バ・ブレオー〕の2泊だったようだ。
『たまらなくよかった』と書いている。昭和天皇も食事をされた超高級ホテルである。『山荘ふうのホテルで、むかしは狩人たちの宿屋だったそうな。ロビーへ入ると、何ともいえぬよい匂いがする。信州の山の中の温泉宿の匂いだ。薪の香ばしい匂いがしみついているのだった。』客のアテンドで行ったのだろうか?栗岡も今、薪をくべた大きな暖炉が眼に浮かび、薪の匂いを思い出す。

バルビゾンはパリに近いがこれをもって『フランスの田舎はいいな』と思ったという。パリも、田舎もすっかり気に入ってしまって、帰国してもしばらくすると『勃然と、また行きたく』なったようだ。

オンゼンの宿に給仕の少女がいてで、池波は気に入ってしまう。1年半後再び訪ねたときのことを書いている。
『このホテルには、ドミニクという少女がいて、実によくはたらく。田舎の清浄な空気を吸って、リンゴのような頬をした女中さんだ。

そのドミニクの写真を、私は、新しい旅行記〔田園の微風〕の中に入れておいたので、その一冊を持ってホテルへ入って行くと、折しもドミニクが奥からあらわれたので、「よう、居たな」本を出し、ドミニクの写真が入っているページをひらいて見せると、「トレビアン」ドミニクはおどろきとよろこびの叫びを発し、私に抱きついてキスしようとしたが、私のうしろから入って来た妻を見て真赤になり、おもいとどまった。こういうときには、どうも老妻が邪魔になる。

二年ぶりに見るドミニクは、すっかり女らしくなり、はち切れんばかりだった躰の肉置きもすっきりと落ちていた。好きな男があらわれたのかも知れない。夕飯前のひとときを庭の椅子にかけていると、ドミニクがあらわれて、本にサインをもとめた。』

池波は、1935年(昭和10年)小学校を卒業したばかりで、家庭の事情により奉公に出た。わずか12歳か13歳!!!そのためか、若いドミニクに向ける優しさが際立つ。
さらに先のことだが同行者との会話
『来年はだめだけど、再来年、もう一度、フランスの田舎をまわりたいなあ』私が、ためいきを吐くようにいうと、(この旅は、ちゃんと実現したが・・・)
佐藤(隆介)は、「そのときは、かならず、オンゼンのドメーヌ・デ・オート・ド・ロワールへ泊まりましょう」(この宿は、女中ドミニクのいる宿)
『そうしよう。本当に、来られるといいねえ』
「こられますよ」

池波正太郎もいじらしいが、からかえない。『私のみでなく、太平洋戦争で生き残った男たちの胸底には、すべての物事の持続が信じられないようになってしまった。』とあるから。

驚いたことに同業者の大佛次郎のことも書いている。『ガンに侵されて、死期がせまる中で、最後の最後まで病室での〔天皇の世紀〕の執筆をつづけられた日々を、私は側にいた人からくわしく耳にしている。大佛氏も、フランスが好きで、パリには長い滞在をしておられたが、プロヴァンスの明るい陽光を御存知だったろうか・・・・・。』余談だが、どうも二人の関係は、池波年少の頃から大佛次郎の愛読者であったが、その大佛次郎から直木賞を手渡されて感激したようだ。大佛次郎といえば〔天皇の世紀〕ではあるがここではやはり〔パリ燃ゆ〕だろう。
なお、前年の池波の落選は海音寺潮五郎の酷評の所為らしい。司馬遼太郎とは大違いだ。

池波正太郎の紀行文は、映画・演劇と俳優・女優に触れ、セザンヌ、ゴッホ、モネや藤田嗣治など画家にふれ、フランス料理、ナポレオンやジョゼフィーヌ、ジャンヌダルクなど歴史(人物)のこと、そしてふれあう人たちのことと多彩である。実に博識だ。

また、池波正太郎も、司馬遼太郎と同様、挿絵になる絵を描くのが上手だった。

そして親しくなったB.O.Fの老店主セトル・ジャンの消息が分からなくなったことは辛かったようだ。5年間に4度も渡仏し、パリにいる間は何度も通い、『ジャンの酒場でペルノーをのんでいると、まるで、江戸時代の深川か浅草の居酒屋にでもいるような気がしてくる。私が〔B.O.F〕にこころをひかれたのは、時代小説を書いている所為かも知れなかった。』と書いた。

たが、1988年には、前回から4年も経過して、セトルジャンの消息を尋ねる目的で渡仏している。彼のことを小説に描く構想を持っていたが果たせなかったようだ。『ドンレミイの雨』という短編は残したが・・・
最後の旅は『勃然と、また行きたく』なったという気分ではなく、おそらくは健康状態もあり、大袈裟かも知れないが、覚悟と決死の旅ではなかったか?
つまり猛烈な仕事量をこなしていた池波正太郎であるが、私が思うに、のんびりしたフランス休暇が楽しめない、ワーカホリックだったかも知れない?
85年 年譜にこんなことがあった。《気管支炎により喀血し、入院する》持病は神経痛ときに痛風。
88年の旅は、思い出の地の再訪と回顧の描写が多い。

ともあれ『外国旅行などは、めっそうもない』といった池波正太郎が、晩年の11年間に7度もフランス旅行をした意味は大きい。この一連の紀行は、『鬼平犯科帳』『剣客商売』など読まない私が言うのも変だが、それらに匹敵する業績ではないだろうか?
池波正太郎は、まさにフランス贔屓(francophile)の権化であったような気がする。

池波小説は司馬先生が小説を書かなくなった1980年代に連続で読んだ。
真田太平記は必読だろうが、鬼平の全巻制覇は無駄に感じた。
ちなみに私の周囲には司馬遼太郎より池波正太郎だという人が多い。彼らは概して美意識に長け芸術家肌という共通点がある。
グルメ本は自分が池波食通の店を辿る目的で一時携帯した(笑)
以下は私がブログで扱った読売新聞の記事だ。
「池波先生の自宅に書棚があり家族が中にある手紙に気がつかず年月が経ってのち発見された中に司馬先生の時候の挨拶のハガキがあった」
という記事は、2流記者が読者欲しさに書くと、司馬遼太郎のラブレターという品のないタイトルがつく。有名税だと諦めるしかないのか(笑)
  ↓  ↓  ↓
 ≪一緒に旅行したい…司馬、池波に「ラブレター」≫
読売新聞 2013年4月20日(土)15時11分配信
 「鬼平犯科帳」「剣客商売」で知られる作家・池波正太郎(1923~1990年)に宛てた作家、芸能人らの110通以上の手紙が見つかった。
 司馬遼太郎、長谷川伸、川口松太郎ら大物作家の手紙も含み、昭和の文壇の交友を物語る貴重な資料だ。
 2012年暮れ、東京・荏原の自宅を改築する際、遺族が外から見えないようになっている、書斎の戸棚に気づき、中に1950年頃~85年頃の池波宛ての書簡が収められていた。
 同年生まれで直木賞受賞時期も近く家族ぐるみで親交のあった司馬からの61年のはがきでは、「サラリーマン根性で小説をかいていたら、オモロイ小説はデキン」と新聞社を退社し専業作家となった心境をざっくばらんに告白。同年の別のはがきでは、「いっぺん池波さん一緒に旅行したいです。池波さんからにじみでているあのいい味にひたりたい」とラブレターのような親愛の情を記している。
最終更新:4月20日(土)15時11分

栗岡様、池波正太郎とフランス、面白く拝見しました。
このブログにも池波正太郎の『男の作法』というかダンディズムというか、よく出ているように思います。

創作意欲の源泉は「食」だったようで、神田の蕎麦屋「まつや」も行きつけだったとか。
「司馬遼太郎を語る会」の第一回の歴史散歩は「神田界隈」でした。もう8年前になります。
司馬遼太郎が取材のとき立ち寄ったのが「まつや」だったので、我々も昼は「まつや」でそばを食しました。さすがに席が一杯だったのでそそくさと済ませた記憶があります。
好きなことに没頭して、毎日を楽しく死ぬまで続ける、という池波正太郎の生き方は真似してみたいのですが、…なかなか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 《大澤有信の談話室Ⅱ》「『蒙古襲来と神風』(服部英雄著)を読んで」 | トップページ | ≪栗岡健治の談話室Ⅷ≫「湖西のみち」をたどり『街道をゆく』を考えてみた »