2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

« 《栗岡健治の談話室Ⅶ》「池波正太郎のフランス旅行について」 | トップページ | 《栗岡健治の談話室Ⅸ》フランスの国民食クスクスのこと »

2018年6月 6日 (水曜日)

≪栗岡健治の談話室Ⅷ≫「湖西のみち」をたどり『街道をゆく』を考えてみた

私にとっても「湖西のみち」は格別だ

『街道をゆく』の記念すべき最初の街道は「湖西のみち」であった。最初にこれを読んだ時の印象は深い。
歴史的、文化的、言語学的、人類学的な考察をずいぶん織り込んでいるなあと驚いた。この面の話が発展して、同行の編集部のH氏に「これでも紀行文でしょうか」と苦情をいわれそうだとも書いている。

司馬遼太郎らが訪ねたのは、まず琵琶湖の漁港「北小松」だが、私には琵琶湖に漁港があるのか?と新鮮な驚きであった。「白鬚神社」も変わった名前で、きっと何か珍しい縁起があるのだろうとは思った。「安曇川」も“あど”とはなかなか読めない。「湖西」ですら、“こせい”なのか“こさい”なのか分からなかった。これについても司馬は、小松は「高麗津」、近江最古の神社である白鬚神社は「新羅神社」ではないかと想像をめぐらしている。古代の種族「安曇人」にも思いを寄せている。

「朽木渓谷」は、歴史的に興味深いところだ。織田信長が越前金ヶ崎城に朝倉氏を攻めた時、義弟の浅井長政に背かれ、浅井・朝倉に挟まれて袋のネズミとなった。朽木は、信長が急遽逃れた先として有名で、朽木氏に助けられる。これを手配したのが、後年には織田信長に反旗を翻す松永弾正だ。901

朽木には、将軍足利義晴も隠れて住んだところで、「興聖寺」には「旧秀隣寺庭園(足利庭園)」を残している。司馬遼太郎は、当会の重森貝崙氏のお父上である重森三玲のことを書いている。(写真右:興聖寺)

(興聖寺の老婦人)「このお庭はそのころからのもので、木の根で石がすこし傾いたぐらいで、なにもかももとのままやそうでございます。―京都の重森三玲先生も」と、高名な造庭家の名がでた。

「このお庭ばかりは飽きがこないとおっしゃいまして、毎年一度はお見えになっておりましたが、このごろはお齢を召されて、もうそんなにお気楽にはお見えになりません」

 こんな次第で『街道をゆく』の記念すべき第一回「湖西のみち」にはかねてから行きたいと考えていた。

滋賀県の諸“街道”

最近、滋賀県の“街道s”を旅した。

司馬遼太郎が、「近江というこのあわあわとした国名を口ずさむだけでもう、私には詩がはじまっているほど、この国が好きである」と書いているように、滋賀県には“街道”が多い。「近江散歩」「北国街道とその脇街道」「湖西のみち」「叡山の諸道」「甲賀と伊賀のみち」がある。そして「甲賀と伊賀のみち」をはじめとして隣県に跨る“街道”が多い。932

また1街道にはなっていないが「蒲生野みち」とでもいうべきミニ街道がある。近江の蒲生郡、神崎郡には、百済の渡来人文化ゆかりの遺産が残っている。

「韓のくに紀行」の最終数章では、百済からの亡命者・鬼室集斯の墓を祭ったといわれる鬼室神社や古代扶余の「百済塔(ぺくちぇたぶ)」に酷似した石塔三重塔(写真右)をもつ石塔寺を司馬が訪ねたと書かれている。白洲正子もこの塔のことを「日本一の石造」と絶賛したという。私も、今回石塔寺を訪ねた。

なお、「近江散歩」は以前訪ねたことがある。柏原宿のもぐさ屋や国友村の天文13年創業の鉄砲火薬商≪国友源重郎商店≫を訪ねたのが懐かしい。

今回、気象等の理由で、当初の旅程を変更したが、加除のうちの「除」で大きいのは、「北国街道とその脇街道」である。この街道の滋賀県内部分かあるいは福井県に入ってすぐのところまで旅する予定であったが断念した。

なお、「湖西のみち」以外の街道旅のことは、いずれ「司馬遼太郎を語る会」の機関誌『たいまつ』にでも書く機会があると思う。

実見した様子

北小松

小集落があり、湖心側は短い突堤に囲われて小さな港になっている。(写真右)876

「湖西のみち」に漁師と稼働舟の数についてのやりとりがあって、問うた司馬に漁師が「戦前は38ハイも動いていたがなあ」という。「それが去年は7ハイや」と、さびしげである。

「ことしは?」 

 「それがあんた」憎むような目差しで司馬をみて、「5ハイになってしもうた」といった。

わたしには、漁港としての業況・現況は、見当も付かない。

釣り人が数人いた。漁網を洗う機械が据え付けてあった。

白鬚神社

全国にある白鬚神社のおおもとという。

琵琶湖水中に立つ大鳥居の写真を見て以前から魅かれて、訪ねてみたかった。(写真右)750

安曇川

この川に沿って、山中車を走らせて朽木に至った。きらきら水が光って、川の中には大きい石がゴロゴロ見えた。旧秀隣寺庭園の話にあるのはこのことかと思った。すなわち「室町貴族のぜいたくというのは、庭石を諸国から曳いてくることだったそうだが、流寓の将軍としては寺の前の川から石をひきあげさせるのが精いっぱい、この世でやれる贅沢だったのであろう。」

朽木渓谷

その「興聖寺」を訪ねる。

興聖寺は、曹洞宗の開祖、道元禅師がこのあたりを訪れたとき、風光明媚な様子が宇治の興聖寺に似ていると感激して、領主の朽木氏にこの地に寺を創建することを勧めたのが始まりといわれる。(写真右:興聖寺から前の川を望む)997

興聖寺

足利将軍の第12代、義晴(151150)が、ほとんど身一つで京を逃げだしてこの朽木谷に身をひそめたというが、その潜居の場所がこの寺だった。

受付けもなく、本尊も拝めず庭(足利庭園)だけを見させてもらった。

旧秀隣寺庭園(足利庭園)

初回に司馬が訪ねたとき、村の人が、くぼう様のお庭です、と教えてくれたとある。(写真右:足利義晴の庭園)943

『街道をゆく』の考察―私なりに考えた

・第一回の街道たる「湖西のみち」は、日帰の取材旅であったように私には思えるのだがどうであろうか。この時、司馬も先々25年も続くとは思っていなかったであろう。中断の危機もあったと聞く。

・取材のスタイルは、第一回から司馬のペースで固まったのではないだろうか?

前記の通り、歴史的、文化的、言語学的、人類学的な考察を織り込むスタイルはその後もずっと続く。

・同行の挿絵画家は3代変わったが、須田剋太氏が20年と最も長く司馬と旅をした。「湖西のみち」は、二人にとって最初の共同作業だ。この旅以降も、須田剋太氏は、よく司馬の姿を描いている。いっぽう司馬も、折に触れ須田剋太氏のことを文中で書いている。多くは、須田のユニークさの描写だが・・・

・同行者の数も、街道にもよるのだろうが、徐々に人数が増え大デレゲーションもあったように聞く。だから、夜は司馬を囲んで酒席が連夜あったようだ。3代目の挿絵担当画家の安野光雅氏にとって、これが、というのは酒ということではなく、座談のうまい司馬ワールド―安野氏いわく司馬曼荼羅―がとても楽しかったようだ。Photo

・また、集大成は、4372街道だが、巻1には、「湖西のみち」、「甲州街道」、「葛城みち」「長州路」の街道が収まる。比較的短い時間の取材旅で各作品も短いからだろう。先々にもこうした複数の街道が収録される巻がある。いっぽう海外の街道に多いが国内でも、「本郷界隈」「オホーツク街道」「北のまほろば」「三浦半島記」などは、単一街道にして大部なものとなっている。

« 《栗岡健治の談話室Ⅶ》「池波正太郎のフランス旅行について」 | トップページ | 《栗岡健治の談話室Ⅸ》フランスの国民食クスクスのこと »

街道をゆく」カテゴリの記事

コメント

栗岡です。

エピソードを披露したい。旅行中に珍しいことがあった。
それは初日、京都に着いてレンタカーを借り、伊賀上野に直行。「甲賀と伊賀のみち」を辿って、琵琶湖ホテル(大津市・琵琶湖畔)に投宿した。

この夜、私のスマホの事情で長く音信が無かったF氏から突然にメールが入った。F氏は、京都育ちで彦根の滋賀大学で学んだ人で、今度の旅の指南役として最適な人。
旅程を返信すると、紫香楽宮跡を訪ねた私のことを相変わらず渋いと揶揄したが、ならば大津では、日吉大社や三井寺には行くだろうが、ぜひ近江神社や天智天皇の都である近江大津京跡にもぜひ行くように勧められた。京都人は天武天皇より天智天皇が好きであるとも。

2日目は、まさに前記の「湖西のみち」を辿るべく考えていたが、その前に機会を逸すことなく、近江大津宮錦織遺跡を訪ねることができた。≪琵琶湖周航の歌≫にある志賀の都とはこれを指すのだろう。感慨深い。

栗岡さん
アドバイスありがとうございます。
諸条件を、できるだけ早くクリアーし、早く街道をゆけるように頑張ります!(笑)
湯川

また栗岡です。

『街道をゆく』再々考

『湖西のみち』ほかを辿ったことがきっかけで、滑稽なことに、しばしば「琵琶湖周航の歌」を流している自分に気付く。
Aznabour流しながらこの手紙を書いてますと歌った由紀さおりのひそみに倣ったわけでもないが・・・(笑)
あるいは、近江がどうにも好きだと書いた司馬遼太郎にかぶれたのかもしれない。

さて『街道をゆく』だが、知人に『まだまだ完全制覇は遠いだろう?』と聞かれた。でも、辿る旅を始めて10年にはなろう。粗くて、しっかりなぞれた訳ではないが、(日本編は)“おおかたは”行ったと言えるまでになったかなと考える。(海外編)は、「モンゴル紀行」「中国・蜀と雲南のみち」「中国・閩のみち」のみ、いつの日か行けることがあったらいいなと思う。

さて、湯川さんのいわゆるノスタルジー期待のこと。わたしはあまり落胆してません。この50年間の社会・経済の変貌で“街道”も変わるのが当たり前。ただ、司馬は、もともと激変するようなところとは別の旅を目指したようだ。

『街道をゆく』の連載予告の文章があった。(昭和45年12月)『街道をゆく』を始めるに際しての司馬の思いが分かる。
「道といっても大幹線には古今、日々文化が往来していて、日々擦れっからしている。その点、枝道には日本のモトのモトのような種子が吹き溜まっていて、日本人のなまな体臭が嗅げるかもしれない。そういうことで、野であれ里であれ、吹き溜まりをさがして、あちこちを歩いてみたいとおもう。」
私の経験では、これに当てはまるのは、「越前の諸道」から宝慶寺、「湖西のみち」から興聖寺、「因幡・伯耆のみち」から鹿野(城跡)、「阿波紀行」から勝瑞城跡だろうかと思う。

それから『街道をゆく』は、全巻揃えて、端から読むものではないと思う。つまり紙上制覇は、張り合いなくつまらない。湯川さんが数冊しか読んでいないのも理解できる。

ただ湯川さんは老後に『街道をゆく』旅をなさるそうだ。でも、老後と言わず、今始めたらどうでしょう?そうすれば『街道をゆく』が楽しく読めること請け合います。

大澤です。

まさに「街道をゆく」を「ゆく」ですね。
栗岡さんの筆致は、その幅広い知識を縦横無尽に駆使され、私達に心地よい刺激を与えてくれる。

「…あわあわとした国名…」は私にも印象深い。
「街道をゆく」全43巻は、様々な文談が思い浮かぶ。
生来、学研より好奇心に駆られ勝ちな私へは、司馬さんの妙味あふれる余話が滑らかに入ってくる。

出色は30・31「愛蘭土紀行」での「死んだ鍋」(Dead Pan Joke)だ。

引例すると「マイ・フェア・レイディー」の原作者バーナード・ショーの話。
ある女優が「私とあなたが結婚したら、私似の美しい、あなた似の賢い子が生まれますね」
ショー曰く「いやいや、私似の貧弱で醜く、あなた似の馬鹿な子が生まれるかも」

ビートルズの話:ある記者が「ベートーベンをどう思うか?」…「いいね、特に彼の詩がね」

又あるショーで「安い席の人は手を叩いて、そうでない人は宝石をジャラジャラ鳴らして」

更に、勲章を受勲した際、旧軍人が騒いだ。だが「人を殺して貰ったのではない、楽しませて貰ったんだ」…この話には続きがある。「その勲章はどこにある?」…「そのコースターだ」

何れも抱腹絶倒ものだ。

長々となりました。申し訳ありません。

栗岡さん、益々の文勢、期待しています。

湯川です
「街道をゆく」を考えてみた!
は栗岡さんの深いフレーズ。考えさせられた。
私は街道をゆくは数冊しか読んでいない。つまり老後の道楽にとっている。
確かに司馬先生が街道を歩いてから半世紀となると、司馬遼太郎が描いた街道は消滅していて土地土地の風情や人間味も都会化しているだろう。
田舎から都会に出てきた私は、日本の最果てともいえる五島列島でさえ風景が様変わりしていることを知っている。にも関わらず街道をゆくに自己満足のために大きなノスタルジーを期待しているという矛盾に気づかさせてもらった。
いつまで司馬遼太郎で楽しむつもりだ!と突っ込まれるかもしれないが、司馬作品は私の人生の多くを占めていることは否定できない。
しかし街道をゆくについては、方針変更を余儀なくされるかも知れない。
ここで云いたいのは栗岡さんが余計なことを書いてくれた。ではなく当然冷静に状況を考えると過度な期待は落胆を招くだろうことのヒントを頂いたということだ。
今更、司馬作品にガッカリしたくない自分のために、栗岡さんを見習い、冷静に街道をゆくを読みながら、街道を行きます。
ありがとうございました!

ひとりの作家が「街道をゆく」全43巻を著したとしても大仕事と思えるのにさらに膨大な小説〔長編あり数え切れない短編あり)、随想や文明批評などなど・・・睡眠をとる時間はあったのだろうかと思える、司馬遼太郎さんは超人〔こんな言い方してよいのかどうか・・・〕いがいに何者でもない気がします。小説はほとんど読んだ〔つもりで〕読書会に参加させていただいていますが、そんなものでは皆さんに追いついて行けないことを最近強く感じています。「街道をゆく」もとても全部は読んでいません。さらに古い司馬作品を読み直してみてき気づいたことは読めない字がけっこうあり、最新版を手に入れて読み直してみるとだいぶ読みやすくなっていることでした。多分大昔読んだ時は、まさか読後感など考えもせずに読んでいたのだろうと思うばかりです。

50年前は本当に淋しいところでしたが、湖西線ができ、バイパスができ、近畿から福井県に工場が移転してから、この辺りは随分ひらけてしまいました
街道を行くからはイメージが違っていて興ざめかもしれませんが、まだ変わらぬところも多くあると思いますので、また立ち寄ってください

栗岡です。

念願の「湖西のみち」を辿ることができた。

何しろ『街道をゆく』シリーズの最初なのである。いっぽう最後の旅は、絶筆・未完となった「濃尾参州記」である。
25年続いた『街道をゆく』そして、司馬遼太郎没後22年になる。当たり前だが、司馬が湖西を旅したのは、半世紀近く前のことだ!実際に、1970年の粉雪舞う季節の旅であったという。

季節の所為もあろうが、湖西は、ずいぶん寂しいところという印象を読者の私に植え付けた。

ところが、現実の「湖西のみち」は拍子抜けするほど交通量の多いバイパスを辿る。さすがに朽木までの安曇川に沿っての道は秘境に向かっている感じはしたが・・・

そして、編集部のH氏は「これでも紀行文でしょうか」と思ったろうが、これ以後の街道でも司馬のスタイルは、“学究的”といっていいだろうがそれを貫いたように思う。

いわゆる軽い観光情報を提供するものではない。

かえってそれが厭きられずにファンの心をつかんだ所以であろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 《栗岡健治の談話室Ⅶ》「池波正太郎のフランス旅行について」 | トップページ | 《栗岡健治の談話室Ⅸ》フランスの国民食クスクスのこと »