2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

« 2018年8月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木曜日)

≪大澤有信の談話室Ⅲ≫「国家はいかに楠木正成を作ったのか」

『国家はいかに楠木正成を作ったのか』(谷田博幸著)
明治・大正・今大戦まで、楠木正成は「忠臣」と崇められていた。その反面、形勢不利を蒙ったのが足利尊氏である。
第二次大戦中、軍隊で上官から出身地を問われ、「栃木県足利市」と答えたら鉄拳制裁を食らったという、笑うに笑えない話がある。
近頃、楠木正成の遺跡がある市町村が連合し、文化庁に日本遺産として申請するなど、楠公再評価・崇拝の動きが見られる。
本書はそれらの現象を含め、楠公父子の事績を冷静に実証・分析している。
Photo_42 Photo_47

『太平記』の中の楠木正成
『太平記』は、後醍醐天皇挙兵から、鎌倉幕府滅亡、建武の新政とその崩壊、南北朝分裂時期を中心した軍記物語であるが、その卷十一に「楠多門兵衛正成七千余騎にて参向す。…主上御簾を高く捲かせて、正成を近く被召、<大義早速の功、偏に汝が忠戦にあり>と感じ被仰ければ、正成畏(かしこ)まりて<是君の聖文神武の徳に不依(よらずん)ば、微清争か尺寸の謀を以て、強敵の囲を可出候乎>と功を辞して謙下す」と、まさに正成、面目躍如、栄誉の輝きの場面が書かれている。
楠木正成はその後半生を後醍醐天皇庇護に捧げた。しかし、南北朝の争いは、北朝側の勝利となり、正成は朝敵となった。その後江戸時代、徳川光圀の命で書かれた「大日本史」では中心として復活している。
Photo_43   Photo_41   Photo_44

臣民の鑑とされた楠公父子
明治以降、教科書において臣民の鑑として最大限に利用された。楠公父子という教材が「修身」や「国史」にとどまらず、「国語」、「唱歌」、「習字」まで教科横断的に組み込まれ、臣民教育の大きな柱となっていたことは、つとに指摘されていることである。
しかし、第一期の国史教科書(明治36年頃)には、楠公父子の忠義振りを讃える文言は一切なく、素っ気ない記述に留まっている。
第二期国史教科書(明治44年頃)になると、両朝併記は甚だ曖昧・不穏当とされ、南朝を正当とする修正版が使用されるようになった。その中での大きな変化は、楠木正成に関する記述である。
いわゆる「七生滅賊」( 七度生まれ変わっても朝敵を我が手で滅ぼさん…太平洋戦争末期に日本の敗戦が濃厚になると “七生報国“ に変えられて戦意高揚に利用された)の大忠臣として、称揚されるに至った。
第三期(大正9年)にいたって、子・正行を勇仁兼備・忠孝両全のヒーローとした。つまり、正行の如く滅私皇恩に報いることが、父母に孝行を尽くすことになると、ここに至って、児童に臣民としての理想を垂範することが国史教育の主目的となり、歴史認識の涵養など二の次、三の次となってしまった。
第一期から第六期に至る国定国史教科書は、第二期の修正版以降、改訂の度に楠公父子への依存度を高め、天皇のため、お国のため身命を捧げることを、臣民の至上命令として徹底させていく方向へと深化を遂げていった。とりわけ、第六期の『初等科国史』は、国史を通した臣民教育というものが、最終的に楠公父子に頼る以外、何の手だても持たなかったことを示していた。
明治以後の歴史教育の行き着いたところは、天皇のため、お国の為と念じ、戦地であたら若き命を散らしていったという状況であり、その目標は、こうなっても不平一つ言わない国民を教育することにあった。

徳富蘇峰は……
徳富蘇峰曰く、日本歴史の根底に流れる皇室中心の思想が、建武の中興となって表れたのであり、「天皇親政こそが我が国の本来の面目」である。その理想は明治維新によって実現されたのであるから、中興は「小さく見れば失敗であるが、大きく見れば大成功であった」  
Photo_46

永井路子は……
大正・昭和初期に於ける軍人・御用学者の記述にうんざりしていたが、永井路子の『太平記紀行』に安慮させられる。
「実を言うと、後醍醐天皇は好きになれない人物だった。これは多分、私たちが育ったころ叩き込まれた吉野朝史観へのアレルギーによるものだと思う。忠臣楠木正成、逆賊足利尊氏、勤王の精神、七生報国…この歴史教育を受けた覚えのある方はおわかりのはず。その声高な主張は、敗戦を機にピタリとなりをひそめてしまった。正直のところ、私はほっとした」
また永井は、楠木正成についてこうも書いている。「戦争中までは、日本史上これほど有名な人物はいなかった。無二の大忠臣・尊敬する人物はと聞かれたとき、彼の名前を挙げておけばまず間違いなし、という極めつきの人物だった。が、その代わり、戦争が終わった時点で、これほど見事に霞んでしまった人物もないであろう。<忠義>というような言葉が消えてしまったとき、その魂のように思われた彼は、途端に影が薄くなった」
Photo_39

菊池寛と直樹三十五
菊池寛「尊氏が、どうして百世の下、なお憎まれものになっているか。それは純忠無比な楠公父子を向こうに廻したからである」(日本合戦譚)
直木三十五「尊氏は成功した西郷隆盛である」と評しているが、「人物としては相当なものである。純粋無比な楠公父子を相手にしなければならなかったところに、彼の最大の不幸があると思う」
Photo_40   Photo_45

最後に司馬遼太郎は……
『街道をゆく 陸奥のみち・肥薩のみち』から 
「河内のイメージというのは時代によってひどく変遷している。戦前の教育では河内はほとんど抽象化されたほどに高貴な山河であった。戦前の河内イメージは水戸史観が神聖英雄としてかつぎあげて、その体系を作り上げる根拠とされた南朝の将、楠木正成の生地ということで出来上がっており、正成がそこに拠って板東の大軍と戦った金剛山、赤坂、千早城といった地名群はもはや単に地名というより、国家論的な抽象性すら帯びていた。(中略) 彼のイデオロギーは、敵であった室町幕府においては悪思想であったが、ずっと降って徳川初期に水戸光圀が主導した水戸史観によって、彼は強烈な正義の座にすえられ、幕末、幕府を倒そうとする志士たちにとって、たとえばマルクスのような存在になり、時には日本における革命の神というべき戦慄的な名前になった。維新後、国史教育は水戸史観を継承したから、正成は日本史上最大の神聖英雄についたが、しかしその寿命は八十年で尽き、太平洋戦争の終了とともに、彼を称揚した宋学的な観念論史観は、戦犯的なものとして追いやられ、それと同時に正成の名は教科書から消えた。あるいは消えたのも同然になった。称揚も無視も、正成の死後、はるか後生に行われた現象で、……」 やれやれ  (擱筆)
Photo_48

2019年5月19日 (日曜日)

≪栗岡健治の談話室Ⅺ≫ 四半世紀ぶりに訪ねた香港・マカオのこと

<はじめに>
これは単に香港・マカオを訪れたということではない。四半世紀の空白を置いて、かつて住んだ香港そして馴染んだマカオを再訪した話である。
変動激しい現代において四半世紀は長い。まして今や香港(中国)であり、私が過ごしたCrown colony女王陛下の香港ではない。私にとってちょっとばかり感傷旅行(センチメンタル・ジャーニー)なのである。
かつて1980年代に、パリ、ロンドン通算約6年間の勤務を終えたあと、日本で2年間勤務すると、再び海外勤務となり香港に赴任した。1992年4月のことだ。辞令を受けた当座は、初めてのアジア勤務に、もうひとつ乗り気がしなかったが、結果的には、香港をベースにして、中国を知る機会を与えてくれた貴重な経験であった。1994年6月まで、約2年間の単身赴任をした。
イースターやクリスマスの休みに、そして中国の旧正月などには、頻繁に一時帰国をするか家族を呼んだりしたので、日本・香港間は近く感じられ、容易に再訪できると思っていた。離港後(勤務を終えて香港を離れること)1997年の返還セレモニーに居合わせて時代の証人になりたい、できなければ、せめて返還後の空気を吸いたいと再訪を願った。
しかし色々な理由で、― 実は、ただ行かなかっただけなのだが・・理由の一つは『街道をゆく』の国内編のみちを辿ることに夢中になった所為もある ― 再訪せず、大袈裟だが、四半世紀近くも“留守”してしまった思いでいた。

<旅行日程>
2019年4月19日(金)香港着後九龍半島 TSUEN WANのホテル。夕食は、East Tsim 。Sha Tsuiで、食後、夜景観賞(Shymphony of lightsつまらない)
2019年4月20日(土)ビクトリア・ピーク、レパルス・ベイ、スタンレー・マーケット、黄大仙(道教の観)、高速船でマカオへ移動
2019年4月21日(日)世界遺産の聖ポール天主教跡、ナーチャ廟、旧城壁、ドミニコ教会、セナド広場、仁慈堂、民政総署、マカオ・タワー
2019年4月22日(月)香港に戻り、帰国へ
(写真:マカオ ホテルからの夜景)
Photo_18

自分の足で歩けるが、旅行社が企画したツアーに安直に参加した。再訪し空気を嗅げるだけでいいと思っていたから。

この中で行ったことが無かったのは、九龍城塞、スタンレー・マーケットくらいである。 九龍城塞というのは、九龍にあった無法地帯ビルで警察もお手上げであった。私が赴任した頃に取り壊しが始まっていた。現在は、中国風の庭園を含む小奇麗な公園になっている。
今回初めてチェクラップコク国際空港(赤鱲角國際機場)に降り立つことができた。

<当時の香港のこと>
まだ英国統治下の香港だったが、1997年には、中国に返還されることが決まっていて、英国・中国間で返還についての交渉が続いていた。
私の香港勤務時期を振り返ると、中国返還が近付くなかで、ちょっとした富裕な人々は、カナダ、オーストラリア等の永住権を得るため、これらの国のパスポートを得るための移住が盛んな時期だった。
半面、そうではない貧乏人は中国が嫌だなどと言ってられないで運命を甘受していた。ある意味実に数奇な運命だと思う。レッセフェールで面倒見が決して良くない植民地政府とはいえ英国の植民地居民から中国人になるのだから。
英中の交渉では、英国は長く香港の植民者であったのだが、香港に民主政治を温存すべく努力をしたと思う。その一方で香港で培った英国系企業の本社をタックスヘヴンやロンドンに移し経済利権はしっかり確保した。
一方、中国は、返還後の香港の基本法を受け容れた。そのポイントは、一国両制 ― 50年間は資本主義を採用し、社会主義の中国と異なる制度を維持することが約束された。「高度な自治」も認められ中国本土で制約されている言論、報道、出版の自由、集会・デモの自由、信仰の自由も明記されている。
激しい交渉で、中国側は時に、アヘン戦争などという大義名分の無い恥ずべき戦争で、香港を奪い取った英国が何を言うか!偽善者ぶるなという態度だったと記憶している。
そもそも、香港島は永久割譲であったが、香港の大部分の領土 ―新界― の99年間の租借が切れるための返還であり、香港島のみでは経済的に存立できないために一括返還となった。99年なんて誰しも永遠だと思ったろうが確実にその日が来たのだ。
この頃の日本は、バブルもはじけて、その後の長い不況に入るかといった時だったが、中国は改革開放に拍車をかけ、いわゆる鄧小平の南巡講話というものがあり、香港のすぐ隣の深圳にまで南下して来た彼が、もっと大胆に改革開放をせよとはっぱをかけた。そして世界の工場の実態は、香港企業が深圳に、そして広州の衛星都市に工場を移し、委託加工による製品を、香港から世界に輸出するという香港・中国の生産的・経済的結びつきが深化したのを目撃した。今や、先端産業でアメリカと覇を競う中国だが、当時はラジカセなどアッセンブリーや縫製、製靴など、せいぜい電子基板製造でともかく労働集約的軽工業だったが・・・

<翻る五星紅旗に変化を感じた>
今回の旅で、わたしにとっての驚きは、主な政府系建物に、誇らしげに中国の五星紅旗と香港の旗(香港の象徴とされるバウヒニアを表したもの)が並んで翩翻と翻っていたこと。
当たり前だが、《ここは中国》を実感した。
政治的なことは、旅行者に分かるはずもないが、報道では、選挙で民主派が押される傾向にあり、そのたび反対運動が起きる。50年間の一国両制となってはいるが、まあ中国が政治的に民主派ないしその動きを締め付けする。西側も形ばかりの非難しかできない。何しろ香港は中国なのだ。そんな様子を見て台湾に中国が提案する一国両制も台湾の多くの人の支持は得られまい。
感傷旅行ということでは、馴染みの高層ビルは依然としてあるが、真新しいビルが凄く増えていた。居住用不動産は高騰しバブルだそうだ。香港で泊まった高層ホテルも元は工場地帯であったとみた。初めて香港で知って驚いたのは、工場というものは広い敷地に建つのではなくビルの各階が工場だった。そこでは弱電の組み立てや衣料縫製だった。これらが、みな中国広東省に移転して跡地を再開発したのであろう。
(写真:香港ピーク山腹から)
Photo_19

<懐かしき香港>
香港島南部のレパルスベイに向かう途中で、昔、住んでいた香港島のHappy Valley 近くを車窓から見て、一瞬にして思い出が甦った。懐かしい。四半世紀の渇えが癒えた。
街の匂いというものは変わらない。料理から来るものか?嫌いでない匂いに刺激をうけた。そして相変わらず飲茶、点心と普洱茶の組み合わせは旨い。粥も堪能した。

<マカオのこと>
香港駐在時期に、たびたび行く機会があったマカオの変貌には驚いた。マカオは、1999年の中国返還であり、1997年の英国植民地香港の返還を見習うことができたはずである。ただ、マカオの経済的存立は特殊で、カジノ産業と観光産業なのだ。
ついでながら香港は英国が武力で奪ったものだが、マカオはポルトガルが海賊退治をしたご褒美に明朝から、もらったものだという。行政負担に耐えかねポルトガルが中国に返還を申し出ても返事がなかったとかで、1999年の中国返還に至るまで持ち続けた。
私が直感した行政負担の筆頭は公用語がポルトガル語であること。ごくごく一部しかポルトガル語を母語とする人はいないのに行政文書は、中国語とポルトガル語を併記していた。驚くことに今もそうである。もう変わることもあるまい。長く染みついた残滓といえるが、現実は今も、初等中等教育を、ポルトガル語で教える学校がある。ガイドによれば、代々マカオに住み続け、残留を決めたポルトガル系マカオ人(マカイエンサという)は、そんな顔をしながら広東語を流暢にしゃべるそうだ。
今回訪れた際、たまたま目撃したが、人民解放軍の施設をぐるりと市民が囲んで長い行列ができていた。市民への一日開放日だった。市民に中国アレルギーが全くないということだろう。マカオは、ポルトガル時代も、北京と刺々しい関係はなかったので、やはりなあとの思いだ。
この点香港がどうなのか知らないが、私が住んでいたころ、ビジネス街中環(セントラル)近くに英海軍基地があり、返還後は、人民解放軍の基地になるので、ビジネス界を窒息死させるものと危惧し嫌悪する人もいた。

<マカオは外形的に大きく様変わりしていた>
旅行社が配布した「旅のしおり」にマカオの宿泊ホテルはSHERATON MACAO HOTEL COTAI CENTRALとあった。このCOTAIには馴染みが無かったが、どうせバスで案内されるのだからと気にしなかった。
昔、知ってたマカオは、北からマカオ半島、タイパ島、コロアネ島で、橋で繋がれていた。
行って見て分かったが、実質的に埋め立てにより独立の島が無くなっていた。そしてCOTAI地区とは、タイパ島、コロアネ島間の埋め立て地のことであった。
ここに数多くの巨大なホテルが幾つも立ちコンプレックスになって商業施設のモールとカジノを併設している。
ネオンも輝き面食らった。ラスベガスを知る者に聞くとかなり似ている風景だといった。珠江を隔てた広東省珠海市にも、高層ビルがニョキニョキ建っていて本当に驚いた。

<懐かしきマカオ>
私のマカオの感傷旅行は、『聖ポール天主堂跡』をはじめとする30個もの世界遺産が集積するセナド広場あたりを再訪することであったが、これが叶って嬉しかった。何しろここに行くと突然16、17世紀のポルトガルの街区が出現し感動する。日本のキリスト禁教の影響もあった南蛮時代の天川(あまかわ=澳門)のままだと私は考える。
ここには日本を追放された天正遣欧(少年)使節のメンバー原マルティーノが滞在して『聖フランシスコ・ザビエル伝』『聖イグナチオ伝』の日本語出版に関わったとされる。原マルティーノは、日本に帰ることなくここマカオで死んでいる。
(写真:左から聖ポール天主堂跡、ドミニコ教会、セナド広場市政署前)
Photo_22  Photo_21  Photo_15

<司馬遼太郎とマカオ>
司馬遼太郎は、1970年代半ばから80年代半ばにかけて、中国西域、江南、蜀・雲南、閩(福建省)を旅しているがおそらく香港には行っていないか通過したくらいではないか?
マカオも訪ねたことはきっとないであろう。
しかし、マカオに関しては、彼の関心は大きかったように思える。時にポルトガルと一体なのだが、マカオのことを司馬は次のように書いている。(『韃靼疾風録』下巻P75)

「マカオというのは、ヨーロッパ人の音で、明音(みんおん)ではない。明では、澳門(アオメン)という。澳とは深く切れこんだ入江のことである。澳門とはその入江の門(小半島)のことで、その小さな半島と属島二つをポルトガル国が明から借り、永年、アジア貿易の根拠地にしてきた。戦国期の日本にさかんに接触したポルトガル人は、みなこのマカオからきた。」
であるが、「小さな半島と属島二つ」は、私の知っているマカオであったが、前記のように様変わりして驚いた。

『街道をゆく』「南蛮のみちⅡ」(文庫のP117~)《ポルトガル人の顔》に司馬が大阪で観たポルトガルの少年合唱団の公演では、20人ばかりの少年のうち2人の西洋人顔をのぞいて、みな中国系の顔だったことから、真相は分からず仕舞いだが「記憶の中のあの少年たちはマカオから来たにちがいない。」と書いている。


また、面白いエピソードとして、長州による四国艦隊の襲撃の報に接して、英国留学を端折って急きょ帰国した攘夷志士、伊藤博文、井上聞多は、お尋ね者だが、横浜に上陸しポルトガル人を装ったという。むろんマカオの広東人を想定してのことだ。ボーイなどに意地悪されて、大きな穴の開いた蚊帳をあてがわれたりした話を書いている。


マカオへの大きかった司馬遼太郎の関心は、『韃靼疾風録』においてもこんなくだりを挿入している。もとよりフィクションゆえ司馬の創作だが、私は卓話でも紹介したが、ありうることのように旨く作品に挿入している。『韃靼疾風録』下巻P75「清朝の出現」に、主人公の桂庄助について「ときに瀋陽城内に一日本人あり、とマカオでのうわさに言う。・・・名をショースキー(庄助)と言い、状貌、木のごとく石のごとく、みずから籠居して動かない。~」「ポルトガルの居留地マカオでは、ショースキーという数奇な漂泊者のことは、さまざまに伝えられているらしい。― 一度、その者(庄助)に会え。と、マカオの何者かに命ぜられたらしい者が、はるかにやってきた。」この作品を卓話した際にこのくだりを読んで情景が眼に浮かんだものだ。
(写真:ポルトガルの大詩人カモンイス像)
Photo_16

<旅を終えて>
25年間の“留守”をした香港であったが、今回の旅で渇えが癒えた思いがする。まるで時効が中断した如くに、香港に焦がれることなく自然体で向き合えるようになった。行きたいと思ったときに、私の香港もマカオもいつでもそこにある気がしてきた。

« 2018年8月 | トップページ | 2019年9月 »